留守宅を有効活用する|不動産投資信託を成功させるには|運命を駆けて

不動産投資信託を成功させるには|運命を駆けて

婦人

留守宅を有効活用する

内観

転勤時のマイホームを活用

転勤等で遠方に住所を移転する場合、課題となるのがマイホームの管理です。住まいというものは長期にわたって住人不在のままだとどうしても傷みがちとなりますし、防犯面にも不安があります。また、誰も住んでいないのに固定資産税等の維持費を払い続けるのは、いかにも不経済です。さらにローンの支払いが終わっていない場合は、移転先における住居費との二重払いが家計の負担となります。このような場合、最もシンプルな解決方法はマイホームを売却してしまうことですが、一定期間後に戻って来て再び住むことを前提としているのであればそうも行きません。そんな時に利用すると便利なのが、リロケーションというサービスです。遠く離れた地にあっても留守宅を管理し、経済的な利益をもたらしてくれます。

経済面でのメリットあり

リロケーションは、もともとは住所移転に係るさまざまな手続きを総合的にサポートするサービスをいいます。しかし不動産業界においては、もっぱら留守宅管理サービスを指す言葉として定着しています。リロケーションサービスの目玉となるのが、留守宅の賃貸利用です。つまり、所有者の委託を受けてマイホームを住人不在の間だけ賃貸住宅として使用し、家賃収入を得るというものです。遊休資産の有効活用が図れますし、オーナーにしてみれば家賃収入をローンの返済に充当するなどすれば不経済状態の解消につながります。リロケーションサービスでは、賃貸利用に際しての管理をサポートします。入居者探しから家賃の収納代行、メンテナンスに至るまで、遠方にいる所有者に代わって業務全般を取り仕切ります。